“君の世界に芽生えるものは”

『白糠町久遠塾』は、これからの社会に対応していける自己の確立を目指し、家庭・学校に次ぐ新しい学びの場として開設された、白糠高校生を対象とした「公営塾」です。


久遠塾では高校生のみなさんに、これから生きるために必要な“種”を提供したいと考えています。

種は地に根を下ろし育っていきます。そのためには、種を蒔く土も必要です。


1.種を蒔き、育てる種

 自分が望む未来のための基礎学力、基礎知識、基礎的な技能など、土台を作っていきましょう。

 どんな道を進むとしても、しっかりとした土台は必要です。


2.想像力の種

 多様なものの見方や考え方、多くの選択肢の存在、自分以外の誰かのこと、白糠のこと、白糠以外のどこかのこと…、 

 色々な物事に目と耳と心を向けてみましょう。自分の世界をどんどん広げるための種です。


3.表現力の種

 自分の想い、考え、志を自分の中に置いたままにするのはもったいない。

 あなたらしく、どのような形でもよいので、表現し発信しましょう。

 自分の世界を形にする種です。


久遠塾では、今のあなたも、これからに向かうあなたも、ありのままのあなたを大切にします。

白糠高校のみなさんにとって、自分らしく活動できる居心地のよい場所になるよう、スタッフみんなで元気に愉快に真剣に、みなさんを応援・サポートします。

一生懸命、でも楽しく、

「あれ、気づいたら…」

「気づいたら理想の未来の自分に1歩近づいていた!」

そんな場所をみなさんと共に創っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。