駅伝大会に参加しました。

11月4日、町内の駅伝大会にスタッフ古城が参加してきました。

コースは全体でおよそ10km、これを5人でタスキをつないで走ります。小学生の部、中学生の部、高校生・一般の部に分かれて、順位を争います。


私の担当は5区、アンカーです。距離は1.3kmと短いですが、周りは運動の得意な人ばかり。

しかも、直近の練習の時の自分のタイムは、5区とほぼ同じ距離を約7分。スタート前は正直なところ、「自分のせいで順位を大きく落とさなければいい」と思っていました。


しかし、チームの皆様が各区間で上位に食い込む快走をして下さり、タスキを受け取った段階ではかなりの余裕がありました。そのおかげで、自分のペースで走ることができました。

それでも途中、息が苦しくて、コースが長く感じるようなことがあったものの、タスキにこめられたチームの皆様の思いを胸に、一歩一歩前に進んでいきました。

結果としてタイムは5分10秒。想定より2分以上は速く、高校生以上の部で区間4位(10チーム中)のタイムでした。そして、チームも、高校生・一般の部で準優勝できました!


レースの後には豚汁を食べることができましたが、達成感と共に食べる豚汁は格別でした!

そして、閉会式では表彰され、素敵な盾と賞状をもらいました。


私は運動は得意ではなかったのですが、得意ではないのであればそれなりに、できる限りのことをやった成果を出すことができたと思います。そして、チームの皆様、応援してくださった皆様、大会を運営してくださった皆様のお陰でもあります。誠にありがとうございました。


(古城 大志)

0コメント

  • 1000 / 1000